プロポリスに含まれるパロチンとは

プロポリスに含まれるパロチンの正体

プロポリスには「パロチン」という成分が含まれています。 パロチンとは、唾液線から出る成長ホルモンの一種で、食べ物を噛んだときに出てる唾液の中に含まれているホルモンです。 最も盛んに分泌しているのは赤ちゃんのときで、年齢とともに分泌量は減っていきます。

パロチンの主な働きは、細胞の生まれ変わり、新陳代謝の促進です。 パロチンが分泌されることで新陳代謝は活発になり、細胞の生まれ変わりもスムーズに行われ、古い肌から新しい肌に生まれ変わります。

また、パロチンは筋肉、骨、内臓などの成長にも関わっていることから、若返りのホルモンとも呼ばれているのです。 このことから、パロチンの分泌が活発になることで、以下のような効果が期待できます。

パロチンの効果

アンチエイジング

パロチンは皮膚、髪、爪などの新陳代謝を活発にする作用を持っていますので、年齢が出やすい皮膚、髪、爪をハリやツヤのある状態に保ちます。 体の内側から外側に働きかけ、見た目も若々しくなります。

骨粗しょう症の予防

パロチンには、カルシウムを沈着させる作用があります。 加齢によって骨がもろくなりやすくなりますが、パロチンが骨にカルシウムを沈着することで、丈夫な骨を維持します。

筋肉の強化

パロチンは筋肉細胞を修復する役割を担っています。 筋肉は壊れて修復することで増強しますので、パロチンの筋肉細胞の修復作用が筋肉の強化にも役立ちます。

このように、健康にも美容にもパロチンには重要な役割があるのですが、パロチンの分泌は、20歳前後をピークに分泌量が減っていきます。 すると、パロチンによって行われる細胞の生まれ変わりや新陳代謝のスピードが遅くなり、体が老化しやすくなるのです。

パロチンは体にとって大切なホルモンですので分泌量を増やすためにも、分泌を促すためにも、プロポリスを毎日摂ることをおすすめします。

パロチンを増やすならプロポリスの飴がおすすめ

パロチンの分泌量を増やすためにプロポリスを摂るなら、プロポリスの飴がおすすめです。 パロチンは唾液に含まれるホルモンですので、よりたくさんの唾液を出すことが重要なのです。

歯医者さんなどが「食事をするときはよく噛みましょう」と言うのは、単純に歯を丈夫にするためだけではなく、たくさん唾液を出すことが大切だからです。 パロチンには消化吸収を助ける働きもありますので、たくさん唾液を出すことは、内臓の負担を減らすことにも繋がるのです。

プロポリスには様々な商品がありますが、よりパロチンの効果を得るためには、唾液の分泌が活発になる飴タイプがおすすめです。 プロポリスの飴は他のタイプよりもプロポリス独特の苦みやの風味が軽減されており、プロポリスが摂りやすいので、プロポリス初心者の方にも始めやすいですよ。 パロチンを増やすためにも、プロポリスの飴で手軽にプロポリスを摂ってみませんか?