プロポリス液の使用法

プロポリスの現物を見たことがある方はご存知だと思いますが、プロポリスは樹脂などの化合物の塊なので、そのままでは固くて、食べることも飲むこともできません。

プロポリスの塊をアルコールなどを用いて時間をかけて成分を抽出したものが液体タイプのプロポリスです。 液体タイプのプロポリスはスポイトなどで液体を取り、用途に合わせて使います。

液体タイプの使用法はいくつかあります。 口の中に直接入れて飲んだり、水に溶かして飲んだり、水に溶かしてうがい薬の代わりにしたり、火傷や傷口などの患部に直接垂らしたりなど、サプリメントやドリンクタイプと違って様々な使い方が出来るのが液体タイプの魅力です。

水に溶かして飲む場合は、コップ1杯あたり(200ml程度)15滴~20滴程度を目安に入れてください。 日本ではプロポリスは健康食品の位置づけですので、摂る時間は自由です。 摂る時間帯はもちろん、摂る回数なども決められていません。

大切なことは毎日継続することですので、自分が忘れない時間に適切な量を摂ること重要です。

注意していただきたいのは、プロポリスの持つ効果を得るために一度にたくさんのプロポリスを摂らないようにしましょう。 どんなに体にとって有用な栄養素であっても、体に不要な栄養素は体から排泄されますし、摂り過ぎることで体調を崩す恐れもあります。

安全に効果実感を得るためには、適切な量を毎日継続することが大切です。

プロポリス液の美味しい摂り方

液体タイプにもデメリットがあります。 それは、他のタイプよりもプロポリス独特の風味を強く感じてしまうことです。

キャンディタイプやサプリメントなどは加工されていますので、そこまで強くにおいを感じることはありませんが、液体タイプはどのタイプよりもにおいを直に感じます。

液体タイプのプロポリスを毎日継続するためには、プロポリスのにおいと味を克服する必要があります。 そのためには、液体タイプを美味しく摂ることが重要です。

液体タイプを美味しく摂るには、風味の強いものと一緒に摂ることがおすすめです。 たとえば牛乳や野菜ジュース、オレンジジュース、乳酸菌飲料などにプロポリスを入れると、プロポリスの風味が消えて美味しく飲むことができます。 プロポリスと一緒に他の栄養素も一緒に摂れますので、さらに健康効果は高くなります。

カロリーを上げたくないという方は、コップ1杯のお湯にプロポリスとハチミツ、レモン汁を混ぜたハチミツレモンがおすすめです。 レモンの爽やかな風味とハチミツの優しい甘さでプロポリスの苦みが緩和されますよ。

少し工夫するだけで、飲みにくかったプロポリスが美味しく摂れますので、ぜひ試してみてくださいね。