プロポリスは摂取すると太る?

プロポリスは低カロリーの食品

プロポリスを摂ると太る?と思われている方がいるようですが、結論から言いますとプロポリスを摂って太ることはまずありません。 プロポリスを摂って太ると思われている方は、プロポリスとはちみつと混合してしまっている可能性があります。

確かにはちみつもプロポリスも同じミツバチがつくりだしたものですが、見た目も味もカロリーも違います。 はちみつは甘く黄金色をしていますが、プロポリスは苦く黒褐色です。

また、はちみつのカロリーが10gおよそ30キロカロリーなのに対し、プロポリスのカロリーはある会社のサプリメントは1粒あたり1キロカロリーと非常に低カロリーです。 プロポリスは加工法によってカロリーが変わりますが、それでも低カロリーなのには変わりません。

脂質も0に等しいほどの含有量しかありませんので、プロポリスを摂って太るということはまず考えられません。

プロポリスはダイエットにも効果的

太るどころか、むしろプロポリスはダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれています。 では、プロポリスに含まれる栄養素が持つダイエットの働きをご紹介します。

フラボノイドが新陳代謝を上げる

プロポリスに含まれるフラボノイドは新陳代謝を活発にする働きがあります。 新陳代謝が活発になると細胞の生まれ変わりもスムーズに行われますので、全身の血流が良くなります。 血流が良くなると代謝が上がり、体は痩せやすい状態になります。

ビタミンB群が脂質代謝を促す

ビタミンB群には脂質、糖質の代謝を促す働きがあります。 脂質と糖質は脂肪となる大きな原因ですので、しっかり代謝することで脂肪の蓄積を防ぎ、肥満を予防します。

ビタミンEが血行を促す

ビタミンEは活性酸素を抑制する抗酸化作用を持つことからアンチエイジングに良い栄養素として知られていますが、実はダイエットにも効果的なビタミンです。

ビタミンEは毛細血管を広げる働きがありますので、体の隅々にまで血液を届けることで冷えを防ぎ、体温を維持します。 体の冷えは脂肪燃焼を邪魔する原因になりますので、しっかりと体温を保つことで脂肪を燃焼しやすい状態をつくります。

カルシウムが脂肪の吸収を抑制

カルシウムは歯や骨を丈夫にするというイメージが強いですが、実は体内のカルシウム濃度が高いと脂肪が燃えやすくなるのです。 また、カルシウムを補うことで脂肪の吸収を抑制しますので、脂肪を溜め込まないためには欠かせない栄養素の一つです。

このように、プロポリスにはダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれていますので、積極的に摂ることで痩せやすく太りにくい体づくりをサポートします。