メインイメージ メインイメージ

妊娠中はプロポリスを使用できない?

授乳中にプロポリスはおすすめできないワケ

プロポリスはミツバチが外敵から巣を守るためにつくられたものですので、抗菌力が強く、免疫力向上にも作用する、健康にとって優れた働きをいくつも持つ健康食品です。

体にとって良い効果がたくさん期待できるプロポリスだからこそ、栄養が欲しい授乳中の方の中にはプロポリスの栄養を摂りたい!と思われる方もいるでしょう。 しかし、授乳中の方にプロポリスはおすすめできません。

少し話が変わりますが、1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけません。 これは、ハチミツにボツリヌス芽胞(がほう)が含まれている可能性があるからです。

ボツリヌス菌の芽胞とはボツリヌス菌の種のようなものです。 通常であれば、胃液や腸液、腸内の細菌などの働きによって、ボツリヌス菌が増殖することは難しいので、大人がハチミツを食べてもボツリヌス症を発症することはまずありません。

しかし、乳児は腸内の細菌バランスが不安定ですので、ボツリヌス菌が増殖しやすい環境なのです。 これにより、ボツリヌス芽胞が乳児の腸内に入ると菌が増殖し、筋肉を麻痺させてしまう「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまう可能性があるのです。

日本国内では死亡例も出ていることから、厚生労働省から「1歳未満の乳児にはちみつを与えないように」という指導も出ています。 実は、ハチミツ同様、プロポリスにもボツリヌス芽胞が含まれている可能性があるのです。

ここで冒頭に戻りますが、お母さんが食べたものが母乳を通して乳児に届きますので、ボツリヌス芽胞が含まれている可能性のあるプロポリスは授乳中の方におすすめできません。

ただ、授乳中にプロポリスが良くないというハッキリとしたデータはなく、絶対に摂ってはいけないと言い切ることは出来ません。 現に、乳児にハチミツを与えてはいけませんが授乳中のお母さんはハチミツを摂っても赤ちゃんに影響を与えることはないといわれています。

その理由は、お母さんの消化器官によってボツリヌス芽胞を消化できており、分子の大きいボツリヌス芽胞が血液や母乳に混ざることはないからです。 とはいっても、乳児は体の臓器も未発達で、どんなアレルギーを持っているのか、どんな体質なのかもわかりません。

プロポリスは健康食品ですが、殺菌作用、抗菌作用、抗酸化作用など、比較的強い作用を持つ食品ですので、ボツリヌス芽胞が含まれていなくても、プロポリスの持つ作用が刺激となってなんらかの症状を引き起こす可能性もあります。

それでも授乳中にプロポリスを摂りたいという方は、かかりつけの医師に相談の上、プロポリスを摂りましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧