メインイメージ メインイメージ

肌荒れが気になったらプロポリス

肌荒れが起きる原因

大人になってから起こるニキビや肌荒れの原因は生活習慣によるものがほとんどです。 では、肌荒れが起こる原因を4つご紹介します。

ストレスの蓄積

人は強いストレスを受けたり、慢性的にストレスが続いたりすると、男性ホルモンが増えます。 男性ホルモンが増えると、皮脂の分泌が活発になります。 必要以上に皮脂分泌が活発になると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、結果ニキビが出来やすくなります。

睡眠不足

睡眠不足は自律神経を乱す大きな原因です。 睡眠不足によって自律神経が乱れると、交感神経が優位になり、心身は常に緊張状態が続きます。

自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れます。 ホルモンバランスが崩れることによって、皮脂の分泌量が増加し、毛穴詰まりが起こりやすくなります。これにより、にきびや肌荒れが出来やすくなります。

ビタミン不足

ビタミンには様々な役割がありますが、とくにビタミンB2とビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする働きがあります。 ビタミンB2とビタミンB6が不足すると、皮脂のコントロールが上手くできなくなり、過剰な皮脂分泌を起こしてしまう可能性が高くなります。

紫外線

紫外線はシミやシワの原因になるだけでなく肌荒れを誘発する原因でもあります。

紫外線は肌のバリア機能を壊すだけでなく、紫外線を浴びたことで生じた活性酸素によってターンオーバーが乱れることでニキビや肌荒れを起こしてしまうことがあるのです。

このような肌荒れを予防、改善するために効果的なものがプロポリスです。 ではなぜプロポリスが肌荒れに効果的なのでしょうか?

プロポリスが肌荒れを予防・改善する理由

プロポリスが肌荒れの予防、改善に効果的な理由は、プロポリスに含まれるフラボノイドにあります。 では、フラボノイドはどんな働きをするのでしょうか?

抗菌、殺菌作用、免疫機能の強化

フラボノイドには強力な抗菌、抗殺菌作用、免疫機能の強化などの働きがあります。 ニキビや肌荒れは毛穴に菌が侵入することで起きるので、フラボノイドの抗菌、殺菌作用で菌の侵入を防ぎます。

また、フラボノイドには抗炎症作用もありますので、出来てしまったニキビ、悪化した赤ニキビの改善にも効果的です。 プロポリスを継続して摂ることで、免疫機能の強化も期待できますので、ニキビや肌荒れの出来にくい強い肌へと導きます。

抗酸化作用

プロポリスに含まれるフラボノイドはポリフェノールの一種ですので、プロポリスを摂ることでポリフェノールの持つ働きが期待できます。 ポリフェノールの持つ働きの一つに、強力な抗酸化作用があります。 抗酸化作用によって活性酸素を除去し、活性酸素の増加によって起こるターンオーバーの乱れを予防します。

ストレスの緩和

プロポリスにはフィトンチッドという成分が含まれています。 あまり聞き慣れませんが、森林浴をしたときに得られるリラックス効果はフィトンチッドがもたらす効果です。 フィトンチッドには乱れた精神を整える作用がありますので、ストレスによって崩れた自律神経も整えます。

このように、プロポリスには肌荒れが起こる原因を予防、改善する働きを持つことから、肌荒れに効果的だといわれているのです。 プロポリスには、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれていますので、より肌を強化します。 肌荒れが気になる方、肌荒れを起こしたくない方、また美肌を目指す方もプロポリスを試してみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめのコラム一覧