プロポリスのダイエット効果

プロポリスのダイエット効果はポリフェノールにある!

プロポリスにダイエット効果が期待されている理由は、プロポリスのメイン成分であるフラボノイドにあります。 フラボノイドはポリフェノールの一種で、あらゆる働きを持つ成分です。

そもそもポリフェノールとは、植物に含まれている色素成分のことです。 ポリフェノールは、色素でできている「フラボノイド系」と色素以外の「フェノール酸系」の2種類に分けられます。 一部ですが以下、フラボノイド系とフェノール酸系に含まれる食品です。

フラボノイド系

パセリ、ピーマン、緑茶、カカオ、明日葉、赤ワイン、ブルーベリー、イチゴなど

フェノール酸系

ごま、ウコン、シソなど

上記でもわかるようにポリフェノールの中でもフェノール酸系よりフラボノイド系の方が多く存在しており、ポリフェノールのおよそ90%がフラボノイド系ともいわれています。 では、プロポリスにも豊富に含まれているポリフェノールは、どのようにダイエット効果を発揮するのでしょうか?

脂肪燃焼効果

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。 この抗酸化作用によって体内の活性酸素が除去され、細胞の酸化を防ぎます。

細胞が酸化しなくなると細胞は若返ります。 細胞が若返り、活発に働くことによって代謝が上がり、脂肪燃焼効果も高まりますので、痩せやすい状態をつくります。

むくみ予防、改善

ポリフェノールが持つ抗酸化作用は血管の機能も高めます。 血管の機能が高まると、むくみを予防、改善します。

むくみといえば、水分を摂りすぎたり、老廃物が溜まったりといったことが原因だと思われていますが、実は血管の機能そのものが低下していることでむくみが起きるのです。 そもそも、血管の機能が正常であれば、水分を摂り過ぎても老廃物が溜まっても正常に戻すように血管内で血液が調整するはずですよね。

ポリフェノールの持つ抗酸化作用で血管の機能を向上することで、むくみにくい状態を維持します。 体のむくみを予防、改善することで体重増加を防ぎます。

フラボノイドを摂ると太りにくいことが判明!

ハーバード大学の研究によってポリフェノールの一種であるフラボノイドを多く含有する果物や野菜を食べる人は太りにくいということがわかりました。

研究内容は、およそ12万人の男女の24年分のデータを用いて、7種類のフラボノイドと体重の変化の関係を調べたものです。 その結果、年齢や性別に関わらず、フラボノイドの摂取量が多い方は体重の増え方が軽微だったそうです。

つまり、日常的にフラボノイドを摂っていない人よりも摂っている人の方が太りにくいことがわかったのです。

このような研究結果からも、フラボノイドはダイエットに有効であるといってよいでしょう。 プロポリスにはフラボノイドが豊富に含まれていますので、毎日摂って、理想の体型を目指しましょう。