メインイメージ メインイメージ

プロポリスは鼻炎に効く

プロポリスが鼻炎に効くワケ

プロポリスに含まれるフラボノイドには、免疫力を強化したり、アレルギー症状を緩和したりといった働きがあります。 この働きがアレルギー性鼻炎に効果を発揮するといわれているのです。

そもそも、アレルギー症状の原因は免疫機能の過敏な働きにあります。 免疫機能が過敏に働いてしまうことで、体に害のない物質を異物と判断し、排除しようとアレルギー症状が現れるのです。体の異物を排除するために放出されるのが「ヒスタミン」です。

ヒスタミンは体内に病原体などの外敵が入ったときに、外敵を追い出す役目を持っています。 それ自体は大変ありがたい免疫機能なのですが、一方で過剰反応を起こして私たちを苦しめる存在にもなるのです。

アレルギー症状にある、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、皮膚のかゆみなどはヒスタミンが異物を体外から排除しようとして起こる反応です。 こうしたアレルギー症状が長引くことで、鼻の粘膜に炎症が起き、鼻炎になります。

ここで冒頭に戻りますが、プロポリスに含まれるフラボノイドには、免疫力を強化したり、アレルギー症状を緩和したりといった働きがあります。 アレルギー性鼻炎は急に起こるのではなく、アレルギー症状が悪化することで鼻炎になります。ですから、鼻炎を発症させないためには、アレルギー症状を悪化させないことが重要です。

プロポリスに含まれるフラボノイドにはアレルギー症状の原因であるヒスタミンを抑制する働きがありますので、アレルギー症状を緩和します。 これにより、アレルギー症状にある鼻水、くしゃみなども和らぎ、鼻炎への悪化を予防します。

プロポリスは急性鼻炎にも効果的

鼻炎はアレルギー体質の人しか起こらないと思っている方もいるかもしれませんが、実は、誰にでも起こり得る鼻炎があります。 それを「急性鼻炎」といいます。

急性鼻炎もアレルギー性鼻炎も症状は変わらないのですが、原因が違います。 急性鼻炎の原因の多くは、ウイルス感染です。

急性鼻炎は、免疫力が低下していたり、生活習慣が不規則だったりといった人がなりやすい傾向にあります。 つまり、上記に当てはまる人であれば、誰にでも起こり得るのです。

そんな急性鼻炎にもプロポリスは効果的なのです。 プロポリスには抗菌、抗ウイルス作用がありますので、体内のウイルス感染やウイルスの増殖を防ぎ、急性鼻炎を予防します。

また、林原生物化学研究所の研究グループによると、ブラジル産プロポリスが水疱性口内炎ウイルス、単純ヘルペスウイルス、センダイウイルス、パポバウイルスに対して抗ウイルス作用を持っているという結果が出たそうです。 このような結果からも、プロポリスはあらゆるウイルスに効果的だといえます。

実際に中長期的にプロポリスを飲み続けて、花粉症や鼻炎の症状が緩和したという方がたくさんいます。 プロポリスは薬ではなく食品なので、花粉症やアレルギーの薬と違って、含有成分が体に優しく届きますよ。

辛い鼻炎を改善したいという方は、プロポリスを試してみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめのコラム一覧