プロポリスはアトピーに効く

アトピーの原因

アトピーの原因についてはまだ解明されていないことが多く、現段階ではいくつもの要因が重なり合って発症すると考えられています。 その要因の2つに、バリア機能の低下と免疫システムの過剰反応があります。

バリア機能の低下

皮膚の潤いが不足すると皮膚は乾燥しやすくなります。 皮膚の乾燥は皮膚が持つバリア機能を低下させる原因となります。

バリア機能が低下すると、あらゆる菌やウイルスが侵入しやすくなります。 実際に、アトピーに悩まされている患者の多くは皮膚のバリア機能が低下していることもわかっています。

免疫システムの過剰反応

本来であれば、外部から異物(外敵)が入ってきた時に体を異物から守るために働くのが免疫です。 しかし、何らかの原因によって免疫システムが過剰に反応すると、免疫がかえって健康な体を攻撃してしまうことがあるのです。 免疫が過剰に反応した状態が花粉症などのアレルギー症状です。

アトピー患者の多くは、バリア機能が低下しており、アレルギー反応を起こしやすい傾向にあることがわかっています。 しかし、反対にいえば、バリア機能と免疫システムを正常に戻すことで、アトピーの症状が緩和されるともいえます。 そこで注目されているのがプロポリスです。

プロポリスがアトピーに効く理由

プロポリスには免疫力を高めるフラボノイドが含まれています。 バリア機能が低下するとあらゆる菌やウイルスが侵入しやすい状態をつくってしまいますが、免疫力を高めることで菌やウイルスの侵入を予防することができます。

また、フラボノイドには抗酸化作用もあります。 活性酸素はアトピーを悪化させる要因の一つですので、活性酸素の増加を抑制することで、アトピーの悪化を防ぎます。

さらに、プロポリスには細菌やウイルスから体を守る抗菌作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用もありますので、異物の侵入を徹底的にブロックします。

ほかにも、プロポリスには皮膚や粘膜を強化するビタミン、脳や神経系を健康に維持するミネラルが含まれています。 アトピーは新陳代謝を活発にして皮膚の状態を整えることも重要ですので、新陳代謝を高めるためにもビタミン、ミネラルは欠かせません。

中でもプロポリスに含まれる亜鉛は、免疫システムに密接に関わっており、異物が侵入してきたときは攻撃を助け、過剰になりすぎたときは制御する働きを持っています。

このように、プロポリスに含まれる栄養素はバリア機能の低下を補い、免疫システムを正常へと促す働きを持つことから、アトピー症状の緩和に効果的だといえます。 アトピーの悪化を食い止めるためにも、プロポリスの力を試してみてはいかがでしょうか。