メインイメージ

プロポリスで口内炎を解消

口内炎が出来る原因をプロポリスが解消

そもそも口内炎とは、口腔内の粘膜に炎症が起きている状態のことをいいます。 炎症の他にも、赤くなったり、腫れたり、痛みが出ることもあります。

口内炎が出来る主な原因は3つあります。 それは、食習慣の乱れ、細菌・ウイルス感染、心身の疲労です。

これら3つの原因の解消にプロポリスが効果的なことから、プロポリスが口内炎に効くといわれているのです。 では、それぞれの原因に対するプロポリスの効能をご紹介します。

食習慣の乱れをプロポリスのビタミンが助ける

食習慣の乱れは栄養バランスの乱れを生みます。 栄養バランスが乱れていると、抵抗力や免疫力の維持に必要な栄養が上手くとれません。

抵抗力や免疫力が下がる、体が不調を引き起こすだけでなく、口の粘膜も弱まり、口内炎を起こしやすくなるのです。 食事は栄養をバランスよく摂ることが重要ですが、栄養素の中でも特に健康な口腔内と粘膜維持のために必要なのが、ビタミンB群です。

ビタミンB群は口腔内と粘膜の健康に大きく関係していますので、不足すると口内炎が起きやすくなります。実際に口内炎に効果的な内服薬にもビタミンB群が用いられています。

プロポリスには口内炎の予防・改善に大切なビタミンB群を始めとした、皮膚や粘膜を強化するビタミンA、ビタミンCもバランス良く含まれていますので、食習慣が乱れている方の栄養補給食品として非常に有効です。

バランスよく栄養素を補給することで、抵抗力と免疫力を維持し、口内炎が出来にくい状態をつくります。

細菌やウィルス感染には抗菌・殺菌作用が効く

私たちの口内にはもともと無数の常在菌が生息しています。

これらの常在菌は普段は悪さをしないのですが、あらゆる原因によって口内環境が変化すると、菌が繁殖してしまいます。 すると、口内が菌やウイルスに感染し、口内炎ができます。

さらに、頬の内側を噛んでしまったりして口内に傷が出来ると菌やウイルスに感染して炎症が起き、口内炎ができます。 細菌やウイルスに感染しないためには、口内を常に清潔な状態にしておくことが大切です。

プロポリスには強力な抗菌、殺菌作用がありますので、口内細菌やウイルスの増殖を予防し、口内炎の悪化を防ぎます。 さらにプロポリスには抗炎症作用がありますので、出来てしまった炎症も早期改善へと導きます。

心身の疲労をビタミンB群とフィトンチッドが緩和する心身の疲れが溜まると、ビタミンB群が不足します。

とくに、粘膜や皮膚の健康を維持するビタミンB2は疲労や運動などで大きく失われます。 また、神経や免疫力に影響するビタミンB1とビタミンB6はストレスが増えると必要量が増えますので、積極的に摂らないと免疫力が低下します。

ほかにも、心身が疲弊すると睡眠障害が起きやすくなり、体の修復が上手くできなくなります。これらの複合的な原因により、口内炎ができやすくなるのです。 プロポリスには、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6が全て含まれていますので、心身の疲労によって不足しがちなビタミンを補給することができます。

さらに、プロポリスに含まれるフィトンチッドという成分には心をリラックスさせる働きがありますので、ストレスによって乱れた自律神経を調整し、安眠へと導きます。 プロポリスを摂ることで心身の疲労を緩和し、口内炎の予防・改善のサポートをします。

このように、プロポリスには口内炎の3つの原因を予防・改善へと導く働きがありますので、口内炎が出来やすい方はプロポリスを生活に摂り入れてみると良いでしょう。

【参考】
プロポリスは口内炎も予防できる
https://www.lyricsfirst.com/koun.html

あなたにおすすめのコラム一覧