メインイメージ メインイメージ

プロポリスの胃腸改善効果

胃腸はストレスに弱い内臓

胃腸は内臓の中でも特にストレスに弱い臓器だといわれています。 それは、強いストレスによって自律神経が乱れることで、腸のぜん動運動が低下し、胃酸の分泌が過剰になるからです。

ストレスによって胃腸に負担がかかると以下の病気にかかる可能性があります。

急性胃炎

詳細を読む (クリックで開閉)

急性胃炎は胃の粘膜に急に炎症が起こることで生じます。 主な症状には、腹痛、吐き気、下痢があります。

慢性胃炎

詳細を読む (クリックで開閉)

慢性胃炎は急性胃炎と違い、慢性的に胃の粘膜に炎症が起こることで乗じます。 主な症状には、腹痛、吐き気、胃もたれ、胸やけなどがあります。

神経性胃炎

詳細を読む (クリックで開閉)

神経性胃炎は自律神経のバランスが乱れることによって生じます。 主な症状には、食欲不振、胸焼けなど胃全体の不調などがあります。

胃潰瘍

詳細を読む (クリックで開閉)

胃潰瘍の大きな原因はピロリ菌にあります。 ピロリ菌感染のある方は強いストレスや過労によって胃潰瘍が起こりやすくなります。

また、ストレスや食生活の乱れ、喫煙も影響します。 主な症状には、にみぞおちあたりの痛み、吐き気、胸焼けなどがあります。

このように、ストレスによって自律神経が乱れると、胃腸は様々な不調を起こします。 胃腸を改善するには、ストレスによって乱れた自律神経を整えることが重要です。

プロポリスが自律神経を整えて胃腸を改善!

自律神経が乱れると、交感神経ばかりが優位になります。 腸のぜん動運動を活発にし、胃酸の分泌を制御するためには、副交感神経を優位にすることが重要です。

プロポリスは自律神経のバランスを整えるように作用する栄養素がたくさん含まれています。では、プロポリスのどんな栄養素が自律神経に作用するのでしょうか?

フィトンチッドがストレスを緩和

詳細を読む (クリックで開閉)

プロポリスにはフィトンチッドという揮発性物質が含まれています。

森林浴をすると心身がリラックスして健康に良いといわれていますよね。 科学的にみても、森林浴による心身への効果は認められています。

森林浴をしたときに得られる効果のヒミツは植物が発するフィトンチッドにあります。 実は、フィトンチッドこそがストレスの緩和や疲労回復を促す、森林浴の効果の正体なのです。

ですから、プロポリスを摂ることでストレスの緩和や疲労回復も期待できます。 精神的、肉体的ストレスが和らぐと、自律神経のバランスも整っていきます。

質の良い睡眠を促すミネラル

詳細を読む (クリックで開閉)

自律神経を整えるためには良質な睡眠が重要です。 プロポリスには良質な睡眠へと促す、鉄分、銅、マグネシウが含まれています。

セロトニンの合成を助ける鉄分

詳細を読む (クリックで開閉)

セロトニンは精神の安定に深くかかわる神経伝達物質です。ドーパミンやノルアドレナリンを制御して、感情や気分のコントロールや、ストレスの抑制する働きがあります。

鉄分はセロトニンの合成を助けるミネラルですので、不足すると脳内物質が十分に作られず、心身にあらゆる影響を与えます。 鉄分を摂ることでセロトニンの合成を促し、心身のバランスを整えましょう。

鉄分の働きをサポートする銅

詳細を読む (クリックで開閉)

銅は鉄分の働きをサポートします。 つまり、セロトニンの合成を助ける鉄分の働きを強化してくれるので、銅と鉄分を一緒に摂ることで、脳内物質がより活発に作られます。

メラトニンの合成を助けるマグネシウム

詳細を読む (クリックで開閉)

マグネシウムはセロトニンからメラトニンへ合成する際に必要なミネラルです。 「睡眠ホルモン」とも呼ばれているメラトニンは、分泌されると副交感神経系が優位になりますので、眠りに就きやすい状態になります。

また、マグネシウム自体にも神経細胞を落ち着かせる作用がありますので、不安な気持ちやイライラを静めます。

このように、プロポリスは乱れた自律神経を整えるように作用する栄養素が含まれていることから、ストレスによって荒れた胃腸の改善に有効だといえます。

あなたにおすすめのコラム一覧