記事名

プロポリスが頭痛の原因をブロック!

プロポリスで頭痛が緩和する理由はプロポリスに含まれる豊富なフラボノイドにあります。 そもそも、頭痛が起こるメカニズムには「プロスタグランジン」というホルモン物質に原因があります。

プロスタグランジンは体に何らかの刺激を受けた時、アラキドン酸という不飽和脂肪酸が変化して作られます。 このプロスタグランジンこそが頭痛によって起きる痛みの原因だともいわれているのです。

さらにプロスタグランジンは、血管を拡張してしまうので、これによって炎症が引き起こされます。血管内で炎症が起こると血管は腫れ、神経が圧迫され、痛みが強くなります。 そこで、プロポリスに含まれるフラボノイドが活躍するのです。

ナリンゲニンやゲニステインなどのフラボノイドがプロスタグランジンの産生を抑制することが確認されたのです。 プロポリスは原産地によって、含有されるフラボノイドの種類も変わりますが、プロスタグランジンが含まれたプロポリスもあります。

また、プロポリスには抗炎症作用もありますので、血管内で起きた炎症にも作用し、頭痛の原因になる血管の腫れを緩和します。 このような働きから、プロポリスには頭痛を緩和する効果があるといわれているのです。

プロポリスが片頭痛に効果的な理由

プロポリスが頭痛緩和に効果的だといわれる理由はもう一つあります。 それは、プロポリスのフラボノイドに含まれる抗酸化作用が片頭痛を緩和するからです。

そもそも、片頭痛とは、何らかの原因によって脳内の血管が拡張し、その血管近くを通っている三叉神経(さんさしんけい)が圧迫することで痛みが生じます。 脳内の血管を拡張させる原因の一つが血管の炎症です。

脳内で炎症が起きると、血管が腫れて三叉神経を圧迫してしまうのです。 脳内の血管に炎症を引き起こしてしまう原因は、活性酸素にあります。

活性酸素が体内でたくさん合成されてしまうと、脳内の血管に炎症が起こりやすくなり、これにより三叉神経が刺激され、片頭痛を引き起こします。

このような片頭痛にプロポリスに含まれるフラボノイドが役立つのです。 ブラボノイドには増えすぎた活性酸素を除去する抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去することで脳内で起る血管の炎症を防ぎます。

さらに、プロポリスには細胞を活発にするビタミン、ミネラルも豊富に含まれていますので、細胞が元気に働くことで活性酸素に負けない身体をつくります。

以上のように、プロポリスには頭痛の痛みと片頭痛の痛みの原因の発生を抑制することで、頭痛による辛い痛みを予防、緩和することができると期待されているのです。 頭痛は辛いけどなるべく薬は使いたくないという方は、プロポリスが持つ自然由来の力で頭痛の痛みを和らげましょう。