自律神経失調症をプロポリスで治す

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは自律神経が乱れることによって起こる弊害です。 そもそも自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は体や脳を働かす緊張状態で、副交感神経は体や脳を休ませて回復するリラックス状態で働く神経です。 一般的に、人は昼間に活動をするので昼間に交感神経が働き、夜に休息をとるので夜は副交感神経が働きます。

このように交感神経と副交感進を交互に働かせることで、人は健康を維持しています。

自律神経失調症は、ストレスや血行不良が続くことなどによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こります。

現代の自律神経失調症の特徴は交感神経ばかりが優位に働きます。 交感神経ばかりが優位に働くということは副交感神経が働かなくなるので、脳や体の回復が上手くできなくなり、頭痛や疲労感、倦怠感などを強く感じるようになります。

実際に、自律神経失調症の症状には頭痛、偏頭痛、筋緊張性頭痛、疲れ目、まぶたのけいれん、ドライアイ、耳鳴り、耳の閉塞感、動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、冷え、ほてり、しびれ、息切れ、息苦しさ、大量の汗、不整脈、胸の痛みなどがあります。

自律神経失調症はうつ病と間違われることがありますが、うつ病は心に症状が現れるのに対して自律神経失調症は体に症状が現れます。 自律神経失調症とうつ病が間違われる理由は、自律神経失調症が長期的に続くことでうつ病を発症してしまうからです。

ただし、自律神経失調症でも、情緒不安定になったり、恐怖心に襲われたり、集中力や記憶力の低下などが引き起こることもあります。

プロポリスが自律神経失調症に有効な理由

プロポリスが自律神経失調症の回復に有効な理由は、自律神経を整える栄養素が豊富に含まれているからです。 では、プロポリスの含有成分はどのように自律神経に作用するのでしょうか?

フラボノイドが自律神経を整える

プロポリスには豊富なフラボノイドが含まれています。 このフラボノイドには自律神経の働きを調整する作用を持っています。

たとえば、交感神経ばかりが働いている場合は交感神経を抑制し、逆に副交感神経ばかりが働いている場合は副交感神経を抑制するようにバランスを調整します。

また、フラボノイドはストレスによって発生する活性酸素を除去する作用もあります。 ストレスによる活性酸素の増加は自律神経のバランスを崩す原因となりますので、増えすぎた活性酸素を除去することで自律神経の乱れを予防します。

フラボノイドが血行を改善

プロポリスに含まれているフラボノイドは血栓抑制作用や毛細血管の拡張作用など、血流の改善に効果的な働きを持っています。 血流が滞ると自律神経のバランスが崩れます。

自律神経以外にも、脳神経、内臓、筋肉などあらゆる働きに血流は関係していますので、悪化するとあらゆる部位で悪影響をもたらします。 全身の血流が改善すると心身のストレスを緩和しますので、複合的に自律神経を整えるように働きます。

ビタミンB6がセロトニン合成を促す

自律神経が乱れると神経伝達物質のセロトニンの分泌量が低下します。 セロトニンは精神安定作用があり、不足すると自律神経失調症やうつ症状を発症しやすくなります。

反対にいうと、自律神経失調症やうつ病を予防するためにはセロトニンをたくさん分泌させることが大切です。 プロポリスにはセロトニンの合成を促すビタミンB6が含まれています。

さらにプロポリスには神経伝達物質を合成するために必要な葉酸やビタミンB群がバランスよく含まれていますので、継続的に摂ることで心の安定を促します。

フィトンチッドがストレスを緩和

自律神経失調症は強いストレスを受け続けることで起こると考えられています。 実際に自律神経失調症を発症している方の約半数が、強いストレスを抱えている傾向があることもわかっています。

プロポリスにはストレスを緩和するフィトンチッドという揮発性物質が含まれています。 フィトンチッドは癒しやリラックス作用を持っているので、その香りを嗅ぐことでストレスを緩和します。

このように、プロポリスには自律神経失調症に有効な作用をいくつも持っていることから、自律神経失調症の治療に有効と期待されているのです。 自律神経失調症の方はもちろん、自律神経失調症予備軍の方、強いストレスを受け続けている方は、プロポリスを試してみてはいかがでしょうか?