低体温対策にプロポリスサプリメント

低体温ってなに?

まず、低体温は病名ではありません。 医学的にも低体温の定義はありませんが、一般的には体温が36度未満の状態が続いていることを低体温と呼びます。

通常、人間の体温は36~37度前後を保っています。 人の体は体温が下がり過ぎたときエネルギーを燃やして熱を作りだし、体温が上がり過ぎたときは汗を出して熱を放出するように働きます。

低体温の人は、何らかの原因でそれらの働きが鈍くなり、体温が低い状態のままなのです。

低体温が起こる原因の一つに、代謝に関わる甲状腺ホルモンが足りないということがあります。 甲状腺ホルモンが原因の場合何らかの病気が隠れている可能性があります。

それ以外に考えられる原因は生活習慣にあります。 運動不足、偏った食生活、冷たいものが好き、常に薄着、喫煙、お風呂よりもシャワー派など、体を冷やしたり血行を悪くしたりする習慣がある方は、低体温になりやすいといえます。

低体温は自覚症状が無い方が多いので、言われてみればそうだったと誰かに指摘されて気付く方も少なくありません。 比較的気づきやすい症状には、手足の冷え、消化が悪い、免疫力が低い、風邪を引きやすい、むくみ、腰が重い、月経痛が重い、月経不順などがあります。

また、低体温の方は新陳代謝が悪いので、細胞の生まれ変わりも遅く、肌がくすみやすくなったり髪の毛にツヤがなくなったりします。 体温が36度未満~35度の場合、自律神経失調症を引き起こすリスクも高くなりますので、病気ではないからといって決して油断できません。

プロポリスは低体温の改善に効果的!

低体温を改善するためには代謝を上げることが重要です。代謝が上がると体の熱量も大きくなりますので、体温も上がります。 プロポリスに含まれるフラボノイドは新陳代謝を活発にして細胞の生まれ変わりを助け、血行を促進する働きを持っています。

血行がよくなると体温も温かくなりますので、低体温には効果的です。 さらに、新陳代謝がUPすると以下のような嬉しいことがあります!

  • 汗をかく
  • 老廃物が出る
  • 肌が明るくなる
  • 髪の毛がキレイになる
  • 血行が良くなる
  • 血行改善により肩こり・頭痛が緩和

新陳代謝が高くなると、体の中からキレイになります。

さらに、新陳代謝を高めるには成長ホルモンの分泌を活発にすることも重要です。 成長ホルモンは副交感神経が優位のときに分泌されますので、睡眠中や入浴中などに身も心もリラックスしていることが大切です。

プロポリスには心の安定を促すフィトンチッドが含まれていますので、睡眠前や入浴前などに摂ることで、成長ホルモンの分泌を促します。 ほかにも、プロポリスには全身の代謝を活発にするビタミンCとビタミンEが含まれていますので、毎日摂ることで代謝を高めます。

このように、プロポリスには低体温に効果的な栄養が豊富に含まれています。 低体温対策には体を冷やさないようにするだけでなく、栄養豊富なプロポリスを摂ってみてはいかがでしょうか。