メインイメージ メインイメージ

プロポリスは便秘に効く?

プロポリスには整腸作用がある

プロポリスが便秘に効くといわれている理由は、プロポリスの整腸作用にあります。 便秘になる原因は人によっても違いますが、そのメカニズムは同じです。

私たちは食事をすると、食べた物は食道から胃に入ります。 胃は食べ物を消化するために、胃を動かして消化液を出します。 そして、胃で消化された食べ物は腸へ進みます。

腸は食べ物の栄養を吸収しながら、最終的に体内の老廃物と一緒に排出します。 このように、腸の中で食べ物が小腸から大腸へ移動する動きを「ぜん動運動」といいます。 食後に便意が起きやすいのは、ぜん動運動が活発に働くからです。

反対に、便意が起きない、つまり便秘になってしまうのは腸のぜん動運動が活発に行われないからです。 つまり、便秘を予防・改善するためには、腸のぜん動運動を正常にすることが大切なのです。

そこで効果的なものがプロポリスです。 プロポリスには整腸作用がありますので、これにより腸内環境を高めます。 腸内環境が良くなると、腸のぜん動運動も活発になり、便秘も改善されます。

さらに、プロポリスには40種類ものフラボノイド、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの腸内環境を活発にする栄養素が豊富に含まれていますので、日頃から摂っておくことで便秘を予防します。

プロポリスでストレスを緩和

腸のぜん動運動が滞る原因は、食生活の乱れ、運動不足、アルコールなど、いくつかありますがその一つにストレスの蓄積があります。 そもそも、腸のぜん動運動が滞る原因は腸自体にあるのではなく、腸に信号を送る自律神経の働きが乱れたり、腸を支えている腹筋が衰えたりすることで、腸の動きも滞るのです。

腸に信号を送る自律神経はストレスに弱いという特徴があります。 たとえば、旅行に行くと便秘や下痢になってしまう人がいますよね。 それは、いつもと違う場所で心身が緊張してしまい自律神経が乱れることでぜん動運動が鈍くなるからです。

腸のぜん動運動は副交感神経が優位のときに活発になります。 つまり、リラックスしているときです。

プロポリスには心身をリラックス状態へと促すフィトンチッドという成分が含まれています。 フィトンチッドは森林浴などの際に放出される物質で、ストレスホルモンを減少させたり、体の緊張状態を緩和したりするの働きを持っています。

フィトンチッドによってストレスが緩和し、リラックス状態になることで、間接的に腸のぜん動運動を促します。

このように、プロポリスは直接的にも間接的にも便秘に作用することから、毎日摂ることで便秘の予防・改善に効果的だといわれているのです。

【参考】
プロポリスでお通じがすごくよくなる
http://www.texasmastergardeners.com/sugokuyokunaru.html

あなたにおすすめのコラム一覧