メインイメージ メインイメージ

プロポリスは膀胱炎にいい?

膀胱炎が発症する理由

膀胱炎とは、膀胱に炎症が起きて膀胱機能に支障をきたす病気です。 膀胱炎の原因の多くは細菌感染です。

尿道から膀胱に細菌が入り込むことで、膀胱内に細菌が繁殖して炎症が起きます。 これにより、残尿感、頻尿感、排尿痛などの症状が現れます。

膀胱炎の原因となる細菌とは、ブドウ球菌やプロテウスなどがありますが、その8割近くが「大腸菌」が原因とされています。 そもそも膀胱とは腎臓で作られた尿を一時的に貯蔵する臓器なのですが、尿の中には少量の細菌が存在していますので、細菌に感染しやすいのです。

ただし、健康体であれば膀胱が持つ抵抗力によって細菌感染もしませんし、炎症も起きません。 しかし、ストレスが溜まっていたり、疲れていたり、体力が落ちていると膀胱の抵抗力が弱まり、膀胱内の細菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうのです。

ほかにも、トイレに行くのを我慢すると、それだけ尿の中に存在する細菌も体内に長く留まるということですので、細菌感染しやすくなります。 膀胱炎を予防するためには、細菌を繁殖させないことが重要なのです。

膀胱炎にプロポリスが効果的な理由

膀胱炎にプロポリスが効果的な理由は、強力な抗菌作用にあります。

プロポリス濃度が高いものほど、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、サルモネラ菌、枯草菌、腐蛆病菌、変形菌、鵞口瘡カンジダ、毛瘡白せん菌に対して高い増殖抑制効果がみられています。

さらに、膀胱炎の原因となる大腸菌に対しても、増殖を抑制する効果がみられました。 プロポリスは腸内在来菌だけでなく、外部から侵入してくる菌に対しても強い抵抗力を示すことがわかっていますので、膀胱炎にも有効といえます。

とくに女性は男性よりも膀胱炎になりやすいので、プロポリスを積極的に摂ることをおすすめします。 男性よりも女性が膀胱炎になりやすい理由は尿道の長さにあります。

男性の尿道の長さが15cm前後なのに対し、女性はおよそ4cmといわれています。 尿道が短いということは、その分細菌やウイルスが膀胱に侵入しやすいのです。

毎日プロポリスを摂ることで、あらゆるウイルスや細菌の侵入を予防します。 ウイルスや細菌の侵入を防ぐことで、細菌の繁殖、感染のリスクを下げますので、膀胱炎になりにくい身体をつくります。

膀胱炎を予防するためにプロポリスを摂るならば、プロポリスのサプリメントやドリンクなどがおすすめです。 毎日継続して摂ることで、体の抵抗力を高めましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧