メインイメージ メインイメージ

プロポリスとハチミツの違いは?

プロポリスとハチミツが作られる目的

プロポリスとハチミツはどちらも蜂が作り出すものであることから、同じものだと勘違いしている方もいますが、プロポリスとハチミツは味も見た目も違う、別物です。 まずはプロポリスとハチミツが作られる目的をご説明します。

ハチミチはミツバチたちのエサとして作られます。 ミツバチはあらゆる植物から集めてきた花蜜を巣に持ち帰り、巣の中で待機している他のミツバチに口移しで花蜜を渡します。

このとき、ミツバチの体内にある酵素の力によって花蜜がブドウ糖と果糖に変え、受け取ったミツバチは巣の中の小部屋にこれを運び、熟成・濃縮した後に保存用の食料として巣の中に貯蔵します。 こうしてハチミツが出来上がります。

一方のプロポリスはハチの巣を守るために作られます。 プロポリスとはミツバチが巣を守るために作る物質です。

プロポリスは別名「蜂ヤニ」とも言われており、ミツバチが集めてきた樹液や花粉、ミツバチの唾液に含まれている酵素、蜜ろうなどが合わさり作られます。 ミツバチはプロポリスを自分の体やハチの巣に塗りつけることで、あらゆる菌や微生物の侵入を防ぎます。

ハチミツとプロポリスの違い

ハチミツとプロポリスは作られる目的が違うのですが、味、におい、見た目、成分にも違いがあります。

味、におい、見た目

ハチミツ

ハチミツには深い甘さとハチミツ独特のコクがあります。 見た目は半透明の黄金色でどろっとしたとろみも特徴です。

風味はミツバチが集めてくる花蜜によっても変わりますが、花のような良い香りがします。

プロポリス

プロポリスは甘くありません。むしろ、独特の苦みがあります。 見た目は炭のような黒い塊です。 プロポリスは樹木や植物の混合物ですので、それらが混ざった独特な匂いがします。

成分

ハチミツ

ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールなど

プロポリス

フラボノイド、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など

期待される効能

ハチミツ

整腸作用・疲労回復・便秘解消・リラックス効果・美肌効果・虫歯予防など。 ハチミツには豊富なアミノ酸とビタミンが含まれていることから、体の調子を整える働きがあります。

プロポリス

免疫力強化・抗菌作用・口内炎予防・花粉症予防・抗ガン作用・抗ストレス作用・美肌効果など。 プロポリスに含まれるフラボノイドには強力な抗菌、抗殺菌作用がありますので、あらゆる菌やウイルスに負けない身体をつくります。

このように、同じミツバチが作るものであってもプロポリスとハチミツには様々な違いがあるのです。 どちらにしても、毎日一定の量を摂取することで、健康維持に役立つことは同じですので、今よりももっと健康な体を目指したい方は、プロポリスもハチミツもおすすめです。

【参考】
ミツバチが作り出す有能なプロポリス
http://www.homerunball.jp/pro0008.html
プロポリスと蜂蜜の関係
http://xn--zckzcsa6cn.name/05.html

あなたにおすすめのコラム一覧