メインイメージ メインイメージ

プロポリス配合の飴を食べよう

喉の不調には飴が有効

〇喉不調の主な原因

詳細を読む (クリックで開閉)

喉は空気の通り道ですので、空気に含まれている細菌やウイルスに感染しやすい部位ともいえます。 喉の粘膜には、細菌やウイルスをブロックする働きもあるのですが、この働きが弱くなると細菌やウイルスに侵入されやすくなります。 細菌やウイルスが侵入すると炎症が起きて、喉の痛みが生じます。 喉の痛みが生じる原因は細菌やウイルスだけでなく、喉を酷使したり、免疫力が低下したり、乾燥した空気や冷たい空気も喉の血管を収縮させるので痛みが生じます。 喉の調子を整えるためには、喉の粘膜を正常に保ち、体の免疫力を高めることが大切です。

喉の調子を整えるための方法として「のど飴」があります。 のど飴を舐めることで喉の痛みが完全になくなることはありませんが、喉が炎症を起こしているときはのど飴を舐めるのが有効です。 では、のど飴に含まれている原料がどのように喉に作用するのかをご説明します。

砂糖でカロリー補給

詳細を読む (クリックで開閉)

飴の原料にはほぼ必ず砂糖が含まれています。 喉が痛みが生じているときは、体の抵抗力も落ちていることが多いので、糖分を摂ることでカロリーを補給し、体力の回復を促します。 また、砂糖や水飴、はちみつなどは喉の粘膜を保湿するので、粘膜を強化することで細菌やウイルスの侵入を防ぎます。

有効成分で炎症を緩和

詳細を読む (クリックで開閉)

のど飴にもよりますが、種類によってハーブなどの炎症に有効な成分が含まれているものがありますので、飴を舐めることで喉の炎症を和らげます。 炎症が落ち着くと喉の痛みも緩和しますので、喉が炎症を起こしているときは有効成分が含まれたのど飴を選ぶことがおすすめです。

唾液の分泌を促進

詳細を読む (クリックで開閉)

唾液は乾燥を防いだり、口内の粘膜を保護したりする働きがあります。 のど飴には唾液の分泌を促す働きがありますので、口内の乾燥を防いで痛みの悪化を抑制します。

のど飴の持つこのような働きから、喉が不調のときはのど飴が有効です。

プロポリス配合ののど飴は有効成分が豊富

喉の炎症を緩和するために有効なのど飴に、プロポリス配合ののど飴があります。 プロポリスに含まれるフラボノイドには、殺菌作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用などがありますので、喉の炎症を緩和して痛みを和らげるだけでなく、細菌やウイルスの侵入、増殖を予防することで痛みの悪化を防ぎます。

原液タイプやサプリメントなどと違い、のど飴タイプであれば飲み物も必要なく、摂る場所も選びませんので、非常に手軽です。 プロポリスののど飴によっては、ハチミツやオリゴ糖、ハーブなどが含まれているものもありますので、原液タイプよりもプロポリス独特の苦みやクセのあるにおいを気にせず摂れるのも飴タイプの大きなメリットです。

しかし、その分他のタイプよりもプロポリスの含有量が少ないのでは?と心配にもなりますよね。 もちろん商品によって含有量は違いますが、1粒あたりプロポリスが200mgという高濃度で配合されているのど飴もあります。 プロポリス200mgは液体タイプに換算するとおよそ20滴に相当しますので、液体タイプの1回分の摂取と変わりません。

また、プロポリスののど飴を舐めたことのある方ならご存知でしょうが、プロポリスののど飴はピリピリした刺激があります。 刺激を感じると何らかのアレルギーかと思ってしまうかもしれませんが、ピリピリとした刺激はプロポリスの抗菌作用や抗炎症作用などがしっかりと働いているからといわれています。 商品によっても刺激の差はありますが、プロポリスの配合量が多いものほど刺激も強い傾向にありますので、「ピリピリする!」と感じたときは、喉に効いている証拠だと思って良いでしょう。

喉の痛みが気になるときは、プロポリス配合ののど飴で喉の炎症を和らげ、喉の痛みを緩和しましょう。

【参考】
プロポリスののどあめの効果
http://michaeldressershow.com/archives/7882/

あなたにおすすめのコラム一覧