メインイメージ メインイメージ

甜茶配合のプロポリス

甜茶(てんちゃ)って何?

甜茶とは甘味のあるお茶の総称で、5千年も前から中国南部で健康茶として愛飲されているお茶です。 一般的なお茶と違ってお茶特有の苦みがなく、ほんのりと甘みがあることから、日本でも幅広い世代に飲まれています。

甜茶は飲みやすいというだけでなく、含まれているポリフェノールも注目されています。 甜茶に含まれているポリフェノールは花粉症などのアレルギー症状の原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。

また、炎症反応に関わっているシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑制する作用もあります。 甜茶が日本で有名になった要因も、このような甜茶の持つポリフェノールの働きにあります。

実際に、スギ花粉症の患者30例を対象に、 甜茶のポリフェノール含量を高めた飲料をスギ花粉飛散前に投与し、スギ花粉飛散前期における鼻や眼の状態、併用薬剤使用状況を調査するという臨床試験を行いました。

その結果、花粉症発症1週目も2週目大きな変化は認められなかったものの、臨床試験終了時の医師による最終総合評価では、 甜茶のポリフェノール投与で花粉症の症状が中等度改善した例が50%以上を占めたのです。

これらの結果から、花粉症に甜茶のポリフェノールは有用性があると示しました。 その後もあらゆる研究が行われ、甜茶が持つポリフェノールが花粉症、アレルギー症状の予防、緩和に期待出来ることがわかったのです。

プロポリスと甜茶のWの働きでアレルギー対策を!

甜茶と同じく、プロポリスにもフラボノイドというポリフェノールが含まれています。 プロポリスはもともとミツバチが外敵から巣を守るために作られた物質であることから、含まれているフラボノイドにも、抗菌作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などを持っています。

また、プロポリスにはアレルギー症状の原因であるヒスタミンの生産を抑制する働きもありますので、アレルギー症状の緩和に役立ちます。

甜茶とプロポリスは持つ働きがよく似ていることから、一緒に摂ることで、2つが持つ働きをより強化できると考えられます。 甜茶とプロポリスが共通して持つ働きは、抗アレルギー作用と、ヒスタミンの抑制です。 甜茶とプロポリスを一緒に摂ることで、花粉症やアレルギー症状を軽減させる効果がより高くなると期待できます。

花粉症などのアレルギー症状を軽減させる目的で甜茶とプロポリスを摂るならば、甜茶が配合されたプロポリスのスプレーがおすすめです。 花粉症の原因となる花粉は、鼻や口などの粘膜から入り炎症を起こしますので、喉スプレーをすることで、直接的に炎症を抑えます。

よりアレルギー症状を緩和するためには、甜茶配合のプロポリスのサプリメントとの併用もおすすめです。 内側と外側からのアプローチによって、花粉症、アレルギー症状の抑制を強化します。

あなたにおすすめのコラム一覧