メインイメージ メインイメージ

プロポリスは独特のにおいや味がする?

プロポリスが持つにおいと味の理由

ミツバチが作ったものであることから、プロポリスもハチミツのように甘くてとろっとしていると思っている方もいますが、それは違います。

プロポリスの原液を舌に数滴でも垂らすと独特な苦みと刺激臭がし、喉にピリッとした刺激を感じます。 この苦みの理由は、プロポリスに含まれるフラボノイドにあります。

フラボノイドはポリフェノールの一種なのですが、植物の苦味や辛味の成分でもあります。しかしこの苦みこそが、フラボノイドに強力な抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用があるという証でもあるのです。

また、喉にピリッとした刺激を与える原因はプロポリスに含まれるユーカリやアレクリンといった植物成分にあります。 そもそもプロポリスは蜂ヤニとも呼ばれているように、原料そのままは黒く固い炭のような状態です。

当然ですが原料のままでは食品として加工できませんので、アルコール抽出でプロポリスの成分を抽出します。そして、アルコール抽出されたものが、液状、スプレー、キャンディ、サプリメントといった形に生まれ変わるのです。

プロポリスはミツバチが出した分泌液と自然界に存在するあらゆる樹木、樹脂などが混ざって出来たものですので、アルコール抽出された後でも、ユーカリやアレクリンなどの植物が持つ苦味が残ります。 プロポリスが持つ独特な刺激臭も苦みも、それが化学成分ではなく、良質な天然成分であるという表れなのです。

味とにおいでプロポリスの品質がわかる

上記でも説明した通り、プロポリスは苦くて独特なにおいがします。 しかし、その味とにおいがプロポリスの品質を見分けるポイントにもなるのです。

実は、質の悪いプロポリスは強い刺激臭と苦みしか感じることが出来ないと言われているのに対し、質の良いプロポリスは飲み始めこそクセを感じますが、慣れてくると樹脂の香りや自然の甘みをほんのりと感じるそうです。

また、質の良いプロポリスを選ぶなら、産地を確認することも大切です。 一般的にサプリメントなどの食品は国産が良い!といわれていますが、プロポリスはもともと外国で発見されたものですので、一概に国産のものが良いとは言い切れません。

質の良いプロポリスは、ミツバチが良質なプロポリスを作るほどの厳しい環境(気候や土壌)であることが重要なのです。 よく、質の良いプロポリスの原産国として挙げられるのはブラジルです。

ブラジルでは、アフリカ蜂化ミツバチという種類のハチがいます。これは、アフリカミツバチとセイヨウミツバチが自然交配して生まれたハチで、行動範囲が非常に広く、プロポリスをつくる能力に優れているといわれているのです。 これが、プロポリスはブラジル産が良いといわれる理由です。

とはいっても、どんなに品質の良いプロポリスであっても原液のまま摂るのは難しいですので、プロポリスを摂る場合、原液であれば飲み物やヨーグルトなどに混ぜて摂ったりすることをおすすめします。

また、サプリメントやキャンディタイプであれば原液で摂るよりも味や刺激はほとんど感じないので、プロポリス独特のにおいや味が苦手という方におすすめですよ。

あなたにおすすめのコラム一覧