貧血予防にプロポリス

貧血予防にプロポリスがおすすめな理由

成人女性のおよそ10人に1人が貧血だと言われていることから、貧血は女性特有の症状ともいわれています。 そもそも、貧血は赤血球の数が減少したり、酸素を運ぶ役割を持つ赤血球内のヘモグロビンの力が低下したりすることで起こります。

貧血になると、少しの活動で息切れがしたり、顔色が悪くなったりとあらゆる弊害を引き起こします。 貧血を防ぐには鉄分の摂取が重要です。

鉄はヘモグロビンの材料となりますので、積極的に摂ることで貧血予防になります。 貧血予防にプロポリスが良いといわれている理由は、鉄分が豊富に含まれていることにあります。

プロポリスが貧血予防に良い理由はそれだけではありません。 貧血予防に重要な役割を持つビタミンB群、ビタミンEがバランスよく含まれているからです。

ではプロポリスに含まれるこれらの栄養素はどのようにして貧血を防ぐのでしょうか?

プロポリスに含まれる貧血を防ぐ栄養素

造血作用を持つビタミンB2、B6、葉酸

葉酸、ビタミンB2、ビタミンB6は血液を造るために欠かせない造血作用を持っています。 とくに葉酸は熱に弱く水に溶けやすい性質がありますので食品で摂るのは難しいのですが、プロポリスであればそのまま摂ることが出来るので栄養成分が壊れる心配もありません。

ビタミンB群はバランスよく摂ることでそれぞれの働きを高めることが出来ますので、まさにプロポリスは理想的です。

細胞膜を強くするビタミンE

抗酸化作用を持つビタミンEは、活性酸素を除去することで血行を促進し、貧血を予防します。 ビタミンEは細胞膜を強化する働きを持っていますので、不足すると血中の赤血球の膜が弱くなり、赤血球が壊れやすくなります。

正常な赤血球は120日程度の寿命がありその都度新しい赤血球が生産されますが、その寿命が10日短くなったり、赤血球が壊れたりすると、体内の赤血球数が減少し、貧血が起こりやすくなります。

貧血予防に必要な栄養素として鉄分ばかりが注目されがちですが、実は鉄分以外にも貧血予防に重要な役割を持つ栄養素はあるのです。 鉄分を積極的に摂っているのに貧血気味という方は、それ以外の栄養素がバランスよく摂れていない可能性もあります。

鉄分の働きをしっかりと生かすためにも、ビタミンB群、ビタミンEを摂りましょう。 プロポリスはこれら全てが含まれていますので、まさに貧血予防にぴったりの食品です。